アフィリエイト
別れ 1娘5犬のママのひとりごと

1娘5犬のママのひとりごと

大好きなお嬢と大好きなワンこのために日々奮闘するシングルママの奮闘記★

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

別れ

幼馴染のお父さんが亡くなりました・・

まだ 67歳という若さでした


胃がんになり、摘出をし、その後元気になったと聞いていました


お通夜に参列させていただきました


家族席で友人が気丈に微笑んで

「ありがとう」

と唇だけでつぶやいた姿に胸が痛くなりました


いつもいつも弱音は一切はかない彼女


こんなときに微笑まなくてもいいんだよ、といいたかった・・


しばらくしたら連絡してみようと思います



*******************************************************

お通夜の帰り道・・・友人の車の中で携帯がなりました


受話器の先は古い友だちでした


「ひいばあちゃんが逝きなさったよ・・」


小柄で色の白い、いつも微笑んでいるおばあちゃんでした


100歳を越え、それでも食べることが大好きで

家族の会話をニコニコと聞いている温和なおばあちゃんでした


遊びに行くと

「名前はなんじゃった? ほうじゃほうじゃ・・。ゆっくりしていかれ」

と手を握ってくれるおばあちゃんでした


大往生の年齢です


それでも、もうあの笑顔を見ることができないと思うと

心がツンと痛くなります





別れはしかたがないもの・・・わかっています


わかっていても、辛いものです




関連記事



| その日のできごと☆ | 22:23 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

どんなに長生きだったとしても

 やはり逝かれてしまうのを見送るのは辛ぃモノですね。
心の中で生き続けていって欲しぃものです。
お二人のご冥福をお祈り申し上げます。

| たんぽぽ | 2006/09/15 18:59 | URL | ≫ EDIT

お気持ちお察しします・・・
私もたった一人の妹を病気で亡くしているので・・・。

私の友人が言っていたのですが、
人の死とは2回あるんだそうです。

1度目は肉体の死。
2度目は人の心から忘れられてしまったとき。

自分のココロの中で生きつづけていられれば、それだけで
なくなった大切な人も救われるような気がしてます。

| maki | 2006/09/15 22:20 | URL | ≫ EDIT

たんぽぽさんへ

コメントありがとうございます。
お返事遅くなりすみません。

本当にいくつであっても、人の死はさみしいものですね。
家族であればそれはもっとだと思います。

やさしかったお二人のことを私も忘れずにいようと思います。

| jitan | 2006/10/18 08:56 | URL |

makiさんへ

コメントありがとうございます。
お返事遅くなりすみません。

妹さんを。。
本当にさみしいですね。
妹さんはきっと今もmakiさんの心の中で
生き続けているのでしょうね。

私も、大事な人を忘れずに生きて行きたいと思います。

| jitan | 2006/10/18 08:58 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jitan.blog41.fc2.com/tb.php/228-ce1e1df8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。